FC2ブログ
こんにちは。シモアラの宮下です。
シモアラ社屋から見える山々も上の方が徐々に色づきはじめてまいりました。
今年の紅葉狩りはどちらへ行くのか、そろそろ考えてもよいのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、スペシャルイベントチームより10/28(土)に開催しましたイベントのレポートが届きましたのでご紹介いたします。
今回は「アロマワックスサシェ」とのことでしたが、そもそもアロマワックスサシェとは…?

それではお楽しみください↓

///////////////////////////////////////////////

ご好評につき満員御礼のシモアラのスペシャルイベントも37回目。
今回は「アロマワックスサシェ作り」です。
実は今回携わったスタッフは皆、この日の為に一度試作品を作り、準備万端に整えました。
それではイベント当日の様子をご覧ください!


20171028_1.jpg

今回講師でお招きしましたのは、アロマコーディネーター ottam 水森 綾さん。
まずは今回の流れを一通り説明して頂き、チームに別れて作業工程に入ります。



20171028_2.jpg

水森先生のお話の最中に準備していたパラフィンワックス=ロウが徐々に溶けていきます。
白っぽい固形の粒からサラサラした液体へ。



20171028_3.jpg

こちらはアロマワックスサシェの中に封じ込める素材。
ドライフラワー、プリザーブドフラワー、シナモン、実もの、貝殻、アジサイなど豊富な種類の中から数点選びます。



20171028_4.jpg

キャンドル用顔料です。
さらさらの液体が固まると白いサシェになります。
サシェに色を付けたい方はこちらの顔料を削って着色します。



20171028_5.jpg

さて、作品のイメージが付きましたら次はお気に入りのアロマを選びます。
ペパーミントのようなしゃきっとした香りもあれば、ラベンダーのようなやわらかい香りもあり。
天然素材の香りのなかからミックスする香りを数点選びます。
良い香りはいろんな会話が弾みますね。思わず笑いがこみあげます。
選んだ香りは溶かしたロウに混ぜます。



20171028_6.jpg

香りを選んでいる間、こちらのチームは型を選んで素材選び。
この工程がサシェ作りの一番迷い、楽しいところでもあります。
スタッフも付きっきりでお手伝い。



20171028_7.jpg

柔らかいドライの素材は一部ロウでコーティングして固めます。
しゃぶしゃぶのように、素材をロウの中にくぐらせます。



20171028_8.jpg

選んだ型に素材を詰め込み、イメージ。
イメージを決めた後は、アロマの香るロウを流し込み、素材を入れていきます。



20171028_9.jpg

ピンセットで丁寧に。
しかしロウの表面はすぐに冷えて固まるので、作業はスピーディに焦りながらも慎重に素材を入れていきます。



20171028_10.jpg

青く色付けしたサシェが固まる様子。
固まる前につまようじを指しておき、紐を通す穴をあらかじめ作っておきます。



20171028_11.jpg

型から外し、紐を通した完成品がこちら!
香りもデザインも様々。同じものは2つとありません。
写真を撮るために集めた様子に、みなさん歓声があがります。
こちらの出来上がったサシェはクローゼットの中やお部屋に吊るして香りを楽しみます。
香りが少なく感じてきたら、ロウを削ることにより、再度香りを出すことができます。
さてさて、皆様どこに飾られるのでしょう。



20171028_12.jpg

続きましてこちらは午後からの様子。
アロマの香りを続けて嗅ぎ、感覚をリセットするのには自分の匂い嗅ぐと良いそう。
自身の香りってあまり意識しませんよね。
わたしも釣られて匂いを嗅いでいました。


20171028_13.jpg

楽しそうに素材を選ぶ様子。
デザインの相談を受けるスタッフも親身になって答えます。



20171028_14.jpg

お子さんもどれにしようか真剣に悩み中。



20171028_15.jpg

こちらは溶かしたロウにアロマオイルを垂らしている様子。
ミックスするオイルを40滴ほど入れるので、この工程の後は沖の家が良い香りで包まれます。



20171028_16.jpg

こちらが午後の部のサシェになります。
個性豊かなサシェが並び、こちらも記念の写真撮影をしていました。



20171028_17.jpg

近づくとふわっと優しい香りに癒されます。
一番手前のサシェはドライのオレンジ、シナモンを入れ秋らしい仕上がりとなりました。
真ん中の青いサシェは裏から貝殻がのぞき、さわやかな姿を見せてくれます。



20171028_18.jpg

今回作ったサシェは紐を通して飾りとしての作りになっていますが
小さめに作ると、バッグに入れて香りを楽しむ香り袋としても使えます。



20171028_19.jpg

見本として準備したものの一部は、実はスタッフが作った試作品。
スタッフの個性もしっかり出ていたようです。



20171028_20.jpg

最後はこのように箱に入れてお持ち帰り。
そのままギフトとしてのお渡しもできますね。
開封した時のふわっと香るアロマの香りに癒されます。
出すのもったいないから開け閉めして毎日楽しまんなん!というお声も頂きました(笑)

さて、今回のアロマワックスサシェ作りはいかがでしたでしょうか。
午前、午後と各部で10名様限定のイベントだったためみなさまゆったりと過ごして頂けたのではと思います。

さて、次回のスペシャルイベントは12月開催予定となっております。
タイトルは「ボタニカルXmasランタン作り」です。
一体どのようなイベントになるのでしょうか・・・現在企画中です。
また詳細はHPやお葉書でお知らせ致しますので、楽しみにお待ちくださいね。


ひょうれん

///////////////////////////////////////////////

宮下です。
いかがでしたでしょうか?
鮮やかな写真を見ているだけで、なんだか良い香りに包まれている気持ちになれそうですね。
ちなみにサシェとは「香り袋」のことで、タンスやクローゼット、カバンなどに入れておくそうです。


さて、シモアラでは11月にイベントをいくつか予定しております。
詳しくはまだいえませんが、追ってHPやお手紙、Facebook、LINEにてお知らせいたしますのでお楽しみに!


スポンサーサイト
こんにちは。シモアラの宮下です。
中秋の名月、体育の日と、カレンダーを見ると秋らしい行事が増えてまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。
そろそろ紅葉の予定も考えたいところですね。

さて、本日は、少し前となりますが9/30(土)に常設展示場 沖の家にて開催いたしましたスペシャルイベント36「ハロウィン用壁飾り作り」の様子について、イベントチームよりレポートが届きましたのでご紹介いたします。
例年さまざまな催しで盛り上がるハロウィンですが、どのような作品ができたのでしょうか?

※編集注 : 記事はスペシャルイベント当日(9/30)のつもりでお楽しみください


////////////////////////////////////////


9月後半になり急に寒くなってきましたね。
前日は曇り空でしたが、イベント日当日は今回も期待通りのすがすがしい秋晴れ。
晴れ続きのシモアラスペシャルイベントは今回で36弾。
今回は講師に加賀市のお花屋さん、坂本ガーデンの坂本晴美さんをお招きしハロウィン用壁飾りを作ります。



2017_0930_1.jpg

作る作品はAタイプ、Bタイプと2種類のタイプがあり、ご予約時にどちらかを選んで頂く流れとなっています。
また、坂本先生のアイディアにより、ご家族、ご夫婦の方には2つのタイプを合体した特別タイプもご提案頂きました。
今回はご夫婦2組が特別タイプを作ることに。




2017_0930_2.jpg

バケツに水を付けたままの新鮮なサンゴミズキをお配りし、作業スタート。
まずはプリザーブドフラワーと松ぼっくりにワイヤーを通す作業から始めます。



2017_0930_3.jpg

プリザブードフラワーの茎部分にワイヤーを通すだけ、とシンプルな工程ですがこれがお花を崩さずに茎にしっかりとワイヤーを通すのがなかなか難しく。
途中で茎が折れたり、花びらが取れたりと、あちらこちらで静かな悲鳴が聞こえました。
次にワイヤーを通す松ぼっくりは、柔らかいプリザーブドフラワーと違ってしっかりと硬さがあるので皆様流石に作業がスムーズでしたね。



2017_0930_4.jpg

プリザーブドフラワーと松ぼっくりをワイヤーで固定し、ひとつのパーツに仕上げます。



2017_0930_5.jpg

ここまでちょっとしたテクニックが必要だったので、出来上がってニコリと笑みが出ます。



2017_0930_6.jpg

次は枝もの、サンゴミズキを切り、それぞれご自身の作るタイプの長さにカットします。
そしてAタイプは五芒星の形にサンゴミズキをワイヤーで固定し、Bタイプはほうきの形に固定します。



2017_0930_7.jpg

おや、今度はなかなか苦戦してる様子・・・。



2017_0930_8.jpg

Aタイプの五芒星が仕上がるとこのような形になります。



2017_0930_9.jpg

こちらはご夫婦での共同作業。ワイヤーをぐっと締め上げ、サンゴミズキが抜けないように固定します。



2017_0930_10.jpg

2017_0930_11.jpg

旦那さまの入念なチェックのもと、パーツとサンゴミズキをワイヤーで固定します。



2017_0930_12.jpg

こちらはリボンをしっかりと締め、完成間近。



2017_0930_13.jpg

仕上がりのアップはこのような形になりました。
色鮮やかなオレンジのプリザーブドフラワーが輝く壁飾りの完成です。



2017_0930_2-1.jpg

続いては午後の部。



2017_0930_2-2.jpg

2017_0930_2-3.jpg

2017_0930_2-4.jpg

午後からは午前より自然とスムーズな流れができていくのがスペシャルイベントあるあるなのですが午後の部はそれにも増してペースが早い!
もくもくとスピーディに皆様作業をこなしていきます。



2017_0930_2-5.jpg

こちらのご夫婦は特別タイプにされた模様。
お2人でどうする?どこにする?と真剣に話し合いながら作り上げていきます。



2017_0930_2-6.jpg

2017_0930_2-7.jpg

さて仕上がりも間近、皆様どのような壁飾りになったのでしょうか。



2017_0930_3-1.jpg

こちらはAタイプとBタイプが合わさった特別タイプ。
2セット分の材料が使われているのでとてもボリューミーに仕上がりました。



2017_0930_3-2.jpg

こちらはAタイプ。黒いラメの入ったかすみ草のプリザーブドフラワーの付け方ひとつで
同じものを作っているのに雰囲気がそれぞれ違って楽しい仕上がりになっています。



2017_0930_3-3.jpg

おふたりで頑張って作った壁飾り。
玄関とお嬢さんのお部屋に飾るのでしょうか。
2種類あるので、週替わりで交換しても面白いですね。



2017_0930_3-4.jpg

こちらの奥さまはBタイプを選択。
お子さんが持つとこんなに長い!素敵な仕上がりになりました。
お子さんが小さいうちは、イベント開催中は託児スペースを準備しておりますのでお母さんは安心して作業に集中できます。



2017_0930_3-5_20171011181511f73.jpg

ご夫婦で特別タイプを制作。
器用な奥さまと力強い旦那さまのしっかりフォローで作った渾身の壁飾りです。



2017_0930_3-6.jpg

スタッフもちゃっかり制作していました。
出来上がった作品は沖の家にて展示しております。
スペシャルイベントで作っている作品はどんなものか!?とご興味のある方は沖の家までぜひお越しくださいませ!



2017_0930_3-7.jpg

明日誕生日だというお子さん。
1日早いタルトケーキの登場にニッコリご満悦の様子。
沖の家に遊びに来るのもそろそろ慣れたかな~!?



今回もみなさま楽しんでいただけましたか。
では、次回のスペシャルイベント「アロマワックスサシェ作り」も皆様のご予約お待ちしております!

ひょうれん



2017_0930_3-8.jpg

ちなみに。
今回準備しましたケーキはシモアラでおなじみのpatisserie monさんのフルーツタルト。
ぶどうの酸味とほんのり甘いクリーム、しっかりとしたタルトの絶妙なハーモニーで今回参加されたお客さま、またスタッフもトロトロの笑顔になっていました。
patisserie monさんの詳細記事はこちらから → http://shimoara.blog.fc2.com/blog-entry-264.html


////////////////////////////////////////


宮下です。
いかがでしたでしょうか?
お花屋さんと作ることで、その他の雑貨とは違った風合いの作品となりましたね。

さて、レポート文中でも触れられておりますが、次回スペシャルイベントが10/11(水)より受付を開始しておりますのでご紹介いたします。


スペシャルイベント37
優雅な香りがやさしく広がる
アロマワックスサシェ作り


日にち 10月28日(土)
午前の部/10:00~12:00 (受付 9:30~10:00)
午後の部/14:00~16:00 (受付 13:30~14:00)

詳細・チラシはシモアラホームページをご確認ください。
お申込みもこちらからいただけます。

シモアラホームページ : http://shimoara.co.jp/?p=4435(直接イベント紹介ページへ移動します)

ご参加をお待ちしております!