FC2ブログ
こんにちは。
シモアラの宮下です。
6月に入り、早いもので2018年も折り返しとなりました。

さて、本日は加賀市庄町にて建築中のお住まいについて、工事の様子をご紹介いたします。
こちらのお住まいは、お施主様のご厚意により、6/9(土)・10(日)で完成内見会を開催することとなりました。

>完成内見会の情報はこちらです : http://shimoara.co.jp/?p=4959





20180601_002.jpg

2017年(平成29年)11月に地鎮祭が執り行われました。



20180601_001.jpg

お祓いを受け、土地の神様に工事の安全とお住まいの繁栄を祈願いたしました。



20180601_003.jpg

斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)の様子です。
草を刈り取る姿を表しており、この土地で工事を始めるところを神様に見ていただくという意味があるそうです。



20180601_004.jpg

2018年(平成30年)1月に前建(建方1日目)を迎えました。
この日はとても寒く、雪の舞う日となりました。



20180601_007.jpg

建方の日は棟梁の他に、応援の大工さんもたくさん来られ、賑やかな現場となります。
まずは1階の柱を建てていきます。



20180601_005.jpg

重機で材料を持ち上げていきます。



20180601_008.jpg

翌日の上棟日を迎えました。
まず、お施主様に四方お清めをお願いいたしました。



20180601_010.jpg

こちらは外観です。
前日までおよその軸組みが出来上がっていることが分かりますね。



20180601_009.jpg

石川県産材をふんだんに使用した、大きな木造のお住まいです。



20180601_011.jpg

こちらは1階の様子です。
前日からの冷え込みで雪が凍ってしまい、行う作業を限定しながら進めていきました。



20180601_012.jpg

こちらは3月の様子です。
まだ一部で雪が残っておりますが、工事はどのような状況でしょうか。



20180601_013.jpg

こちらのお住まいでは、通気断熱WB工法を採用いただきました。
屋根の棟には屋根上換気口「ハットヘルス」が設置されました。

横に伸びる黒いラインが上下二つ見えますね。
これが換気口です。WB工法には2層の通気層があり、2層は交わらずに別々のルートで排気されるため、このように上下2つの通気口となっています。

>通気断熱WB工法についてはこちら : https://www.wb-house.jp/



20180601_014.jpg

玄関です。
こちらの引き戸はハンドルレバーがあるため、手が荷物で塞がっていても開けられます。



20180601_016.jpg

玄関では式台(しきだい)と廊下との間の部材、上がり框(かまち)の加工が行われていました。
上がり框とは、玄関床の上がり口の縁にある部材です。
玄関を入るとまず目に入ることから、樹種や耐久性、見栄えが大切となる重要な部分です。



20180601_015.jpg

位置の微調整をされていました。
叩いては外しを繰り返し、最も良い位置を目指します。



20180601_018.jpg

リビングから玄関を見ています。
この後仕切りが設けられる予定です。



20180601_021.jpg

こちらは玄関から座敷を見ています。
この日は棟梁が作業中でした。



20180601_022.jpg

12帖の座敷には縁側もあり、大きな窓からお庭を楽しむことができます。



20180601_020.jpg

2階では床板貼りが行われていました。




今回は以上となります。
次のスタッフブログでは完成した様子をご紹介いたします。

こちらのお住まいは6/9(土)・10(日)で完成内見会を開催いたします。
内見会情報はこちらです↓
http://shimoara.co.jp/?p=4959


この続きのスタッフブログはこちらです : http://shimoara.blog.fc2.com/blog-entry-285.html


宮下でした。




スポンサーサイト
こんにちは。
シモアラの宮下です。
本日は5/26(土)に開催いたしました薪割りイベントの様子についてご紹介いたします。




| 「薪割り」って?





20180526_08.jpg
※イメージです

皆さまは「薪割り」と聞くとどのようなイメージでしょうか?
私は上の画像のような斧で1つ1つ手で割っていくイメージでした。
もちろん、過去にはシモアラでも斧で割っていました。

そう、過去形です。




| 実際の薪割り





20180526_01.jpg

こちらがシモアラの薪割り機です!




20180526_06.jpg

そして、こちらが材料の山です。
元々シモアラでは、毎年初夏に自家消費分の薪割りを実施しています。
この山をチェーンソーで切り分け、先程の薪割り機でさらに割っていきます。



20180526_09.jpg

この赤い部分がカッターとなり、薪を割る部材です。
カッターといっても、刃物は付いていません。
果たして切れるのでしょうか?



20180526_05.jpg

こんな感じで割ります。
カッターより材料が大きい場合も、柾目方向(立ち木の場合の垂直方向)にカッターを入れれば割ることができます。




20180526_03.jpg

仕上がった薪材をパレットに積んでいきます。
(画像は割らなくても良いサイズの材料を集めているところです)




20180526_10.jpg

この日はシモアラにて住宅を新築・リフォームされたお客様を中心に薪プレゼントを実施しました。
こちらのご家族は夏のバーベキューで使用するそうです。楽しみですね。




20180526_02.jpg

薪ストーブをお持ちのお客様はたくさん必要なため、パレットごと積み込みました。
フォークリフトがあるので楽チンですね。
(※イベントのため特別に無料となっています)



20180526_04.jpg

こちらのご家族も夏にバーベキューをされるそうです。
お子さまには薪は重たいと思いますが、手際よく袋詰めしていました。




| おわりに





20180526_07.jpg

やはり斧で割ると思っておられた方もおられ、薪割り機の見学が大変好評でした。
また、この日お配りした薪は割りたてですので、風通しの良い場所で乾燥させてからご使用くださいね。

当日は暑い日でしたが、多くのお施主さまにお越しいただき、賑やかな作業となりました。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。


>> 薪のご相談もシモアラへ
お問合せはこちらです : http://shimoara.co.jp/inquiry



こんにちは。シモアラの宮下です。
近頃は暑かったり寒かったりと、気温の差を感じる日が続いていますね。
暦の上では夏とのことですが、体調管理には十分気を付けていきたいところですね。



さて、本日はシモアラでお預かりしている中古物件のお話しです。



IMG_2603.jpg

こちらの写真はシモアラにてお預かりしております中古物件です。
加賀市菅谷町にあり、加賀市の「空き家バンク」制度へ登録しています。

加賀市空き家バンクとは : https://goo.gl/Jps9jY

こちらの物件は定期的にご見学のお申込みをいただいております。ありがとうございます!
つい先日もお申込みをいただき、春になったこともありましたので草刈りに行ってまいりました。




| お手入れに現地へ




IMG_2591.jpg

現地へ行きますと、草が茂っておりました。
ちょうど伸び盛りの時期のようです。



IMG_2586.jpg

スタンバイ!



IMG_2589.jpg

どんどん刈ります。



IMG_2601.jpg

どんどん刈ります。



IMG_2604.jpg

きれいになりました。
あとは刈り取った細かい草を集めて終了です。



IMG_2597.jpg

せっかくなので中をのぞいてみました。

まず、玄関が広い!
親戚・知人がたくさん来ても込み合うことはなさそうですね。



IMG_2592.jpg

玄関からは和室が2間続きます。向かって右側にキッチンがあります。



IMG_2605.jpg

奥側には増築された部分が続き、こちらは比較的新しい建物となっています。
こちらの建物は、延床面積が307.45㎡(92.82坪)、敷地面積が590.74㎡(178.69坪)と、とても大きい物件です。

加賀市菅谷町の物件情報 : https://www.city.kaga.ishikawa.jp/data/open/cnt/3/3482/1/bank_002.pdf(加賀市空き家バンク)
↑こちらにこの物件の詳細や平面図が掲載されています。




| 加賀市で暮らし始めるには




IMG_2600-2.jpg

加賀市では定住者向け住宅取得者向けのさまざまな制度があります。

例えば、


制度名概 要補助金
移住住宅取得助成事業市外からの転入者を含む世帯で、定住を目的に住宅を新築または購入される人住宅取得に要した費用の50%以内(上限70万円)

さらに
18歳(年度末まで)以下の子ども1人につき20万円加算
市内業者が施工した場合 30万円加算
修景緑化整備に係る費用の30%以内(上限10万円)
町屋再生事業(まちづくりファンド事業)大聖寺地区内に残る町屋などの歴史的建物を対象として、外観の修繕や構造の補強、賑わい創出に貢献する施設への改修する場合の費用の一部を支援150万~250万円
(条件があります)
若年U・I ターン者雇用奨励金制度市内事業所に就職した若年U・Iターン者と、その人を正規雇用した事業者に補助金を支給若年者Uターン就職者
1人あたり10万円(1人1回限り)
若年者Iターン就職者
1人あたり30万円(1人1回限り)
加賀市まちなか店舗立地支援事業賑わいと交流のある商店街づくりを支援するため、商業店舗の新規開店に係る費用の一部を支援補助対象経費の2分の1以内とし、100万円を限度
(対象地区や条件があります)

加賀市の定住支援・制度一覧(加賀市HP) : https://goo.gl/TQyimS


また、子育ての支援制度も充実しています。




制度名概 要補助金
こども医療費等助成制度石川県内の医療機関等で診療を受けるときなどに、窓口で『こども医療費受給者証』を提示することにより、子どもの医療費の窓口無料化
(18歳になる年の年度末まで)
窓口負担額全額
出産育児一時金加賀市国民健康保険の被保険者が出産した場合に出産育児一時金が世帯主に支給出産育児一時金 : 404,000円
産科医療補償制度の対象となる出産に係る支給額 : 16,000円
加賀市出産準備手当給付事業安心して子どもを生み育てることができるよう、出産準備手当を給付胎児1人につき10,000円
多子世帯放課後児童クラブ利用助成事業多子世帯の経済的負担を軽減し、より安心して子どもを産み育てることができる環境を整備するため、18歳の年度末までの児童を3人(または2人)以上養育する多子世帯の第3子(または第2子)が放課後児童クラブを利用する際に必要な保育料を助成所得により補助額が異なります

加賀市の子育て支援・制度一覧(加賀市HP) : https://goo.gl/pxtAqQ

上記の他にも、チャイルドシートの再利用情報の発信や、ひとり親家庭医療費助成、地域の中でお子さんの預かりや送迎するかがファミリーサポートセンターなど、子育て関係の支援制度がたくさんあります。


また、加賀市定住促進協議会さんの「加賀市定住促進ポータルサイト 加賀でかがやく」が分かりやすいたので、こちらもオススメです。
加賀市定住促進ポータルサイト 加賀でかがやく : http://kaga-teiju.jp/support.html





IMG_2603.jpg

いかがでしたでしょうか。
加賀市では人口減少がよく言われますが、移住情報や子育て支援制度も充実しており、中古物件もたくさんあります。
さまざまな制度を利用して中古物件で暮らし始めるのも良いかもしれませんね。

というわけで、物件のご見学はもちろん、お探しもシモアラまでご相談ください!


シモアラへ問い合わせる : http://shimoara.co.jp/inquiry



ではまた次回。宮下でした。