こんにちは。
シモアラの宮下です。
温かい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。


さて、本日は加賀市内にてお手伝いさせていただきました改修工事の様子をご紹介いたします。




P1230115111.png

こちらは平成27年5月末の様子です。
ご自宅を住みながらのリフォームとし、工事を2期に分けて行いました。




P1230116111.jpg

1期目工事では、キッチン・リビングを中心とした家族共有スペースの工事を行いました。




P1230119111.jpg

既存の床や壁紙を取り外しました。



P1230120111.jpg

仕上床材の下には写真のような合板下地を敷きます。
これを捨張り(すてばり)といい、床の強度を保ち、均等な水平を出す目的があります。
また、写真の線や文字は設備の位置を表しています。




P1230593111.jpg

さて、こちらは7月初旬の様子です。
キッチンが設置されました。



P1230597111.jpg

リビング脇には小上がりの畳スペースを設けました。




P1230607111.jpg

この日は職人さんが各ボードのつなぎ目にある突起を削る作業をしていました。



P1230617111.jpg

突起を削り終えたらパテで目地を埋めます。
この作業で目地や釘、細かい傷でできたへこみを埋め、フラットできれいな壁に仕上げることができます。
この作業を3回程度繰り返すそうです。



P1230699111.jpg

7月中旬、勝手口周辺の外壁も徐々に仕上がってきました。



P1230702111.jpg

ユーティリティにクロスが貼られました。
一気にお家らしくなってきましたね。




P123071311.png

キッチンでは、IHクッキングヒーター脇の壁面にタイルを貼りつける作業が行われていました。
定期的に離れて見ることで、全体のバランスを確認しながら仕上げていきます。




IMG_7207111.jpg

変わりましてこちらは8月初旬。
キッチン・リビング・ユーティリティを中心とした1期工事部分が終了し、いよいよ玄関・廊下・居室部分となる2期目工事が始まりました。



IMG_7198111.jpg

お庭より。
ウッドデッキ施工のため、土間コンクリートがなされました。




IMG_7200111.jpg

居室部分の床を取り払いました。
写真中央に見えている石は「束石(つかいし)」といい、床を支える束の土台となります。




P1000085111.jpg

少し空きまして、9月初旬の様子です。
玄関戸が入りました。



P1000089111.jpg

こちらは玄関です。
中程に内玄関用の仕切りが設けられました。



P1000091111.jpg

こちらは3つ前の写真のお部屋です。
床が貼られ、汚れ・キズ防止用の養生ボードが敷かれました。



P1000342111.jpg

9月末、新しい床が貼られ、壁のボードにはパテが塗られました。
いよいよクロス貼りです。



P1000367111.jpg

この日はクロス貼り作業の1日目でした。
こちらの機械で任意の長さにカットしていきます。



P1000361111.jpg

お庭に出ると、ウッドデッキ周辺の材料が届いていました。




P1000354111.jpg

写真は「追掛け大栓継ぎ(おっかけだいせんつぎ)」という継手の様子です。
2つの材が引き寄せ合って密着するように作られ、さらに2つの材を貫通させて栓を打ち込みます(この栓を大栓といいます)
曲げと引張りに優れているといわれているそうです。

こちらはウッドデッキの上の軒に使われるんだとか。
大工さんの技ですね。




本日はここまで。
次回のご紹介では、いよいよ2期工事箇所の仕上げ~完成の様子をお伝えします。
一体どのようなお住まいとなるのでしょう。お楽しみに!

2回目の記事はこちらです:http://shimoara.blog.fc2.com/blog-entry-223.html


スポンサーサイト
Secret