こんにちは。
シモアラの宮下です。
本日は5/26(土)に開催いたしました薪割りイベントの様子についてご紹介いたします。




| 「薪割り」って?





20180526_08.jpg
※イメージです

皆さまは「薪割り」と聞くとどのようなイメージでしょうか?
私は上の画像のような斧で1つ1つ手で割っていくイメージでした。
もちろん、過去にはシモアラでも斧で割っていました。

そう、過去形です。




| 実際の薪割り





20180526_01.jpg

こちらがシモアラの薪割り機です!




20180526_06.jpg

そして、こちらが材料の山です。
元々シモアラでは、毎年初夏に自家消費分の薪割りを実施しています。
この山をチェーンソーで切り分け、先程の薪割り機でさらに割っていきます。



20180526_09.jpg

この赤い部分がカッターとなり、薪を割る部材です。
カッターといっても、刃物は付いていません。
果たして切れるのでしょうか?



20180526_05.jpg

こんな感じで割ります。
カッターより材料が大きい場合も、柾目方向(立ち木の場合の垂直方向)にカッターを入れれば割ることができます。




20180526_03.jpg

仕上がった薪材をパレットに積んでいきます。
(画像は割らなくても良いサイズの材料を集めているところです)




20180526_10.jpg

この日はシモアラにて住宅を新築・リフォームされたお客様を中心に薪プレゼントを実施しました。
こちらのご家族は夏のバーベキューで使用するそうです。楽しみですね。




20180526_02.jpg

薪ストーブをお持ちのお客様はたくさん必要なため、パレットごと積み込みました。
フォークリフトがあるので楽チンですね。
(※イベントのため特別に無料となっています)



20180526_04.jpg

こちらのご家族も夏にバーベキューをされるそうです。
お子さまには薪は重たいと思いますが、手際よく袋詰めしていました。




| おわりに





20180526_07.jpg

やはり斧で割ると思っておられた方もおられ、薪割り機の見学が大変好評でした。
また、この日お配りした薪は割りたてですので、風通しの良い場所で乾燥させてからご使用くださいね。

当日は暑い日でしたが、多くのお施主さまにお越しいただき、賑やかな作業となりました。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。


>> 薪のご相談もシモアラへ
お問合せはこちらです : http://shimoara.co.jp/inquiry



スポンサーサイト
Secret